浮気の証拠をとる

もし夫や妻に浮気をされたとき、あなたならどのような事を考えますか?

怒りや悔しさ、情けなさなどの感情をおぼえるかもしれませんし、信頼を裏切られた、といったことを考えるかもしれません。

しかし、もっと現実的な問題である、配偶者との離婚や浮気相手に慰謝料を請求する、ということが考えることの一つにあるのではないでしょうか。

但し、離婚や慰謝料の請求をするにしても、ただ請求をするだけでは普通は相手から拒否されてしまいます。

事実をもって請求をしなければ、相手にとっては何の強制力もない請求です。

強制力がないということは、受け入れるも拒否するも相手方の自由ということになります。

素直に過ちを認めてくれればよいですが、特に浮気をする人間は自己中心的な考え方を持っており、強制力を持つ請求でなければ拒否しても大丈夫と考える傾向があります。

つまり素直に反省する気持ちがあれば最初から浮気などしていないのです。

ですので、話し合いをするにしろ、裁判をするにしろ、きっちりとした浮気の証拠を持っていなければ、相手に慰謝料の支払いをさせることはできないと考えたほうがよろしいでしょう。

浮気の証拠とは

では、どのようなものが浮気の証拠となるのか?

法律用語では浮気は「不貞行為」と言い、配偶者のあるものが他の異性と性的関係を持つこと、が不貞行為となります。

つまり「配偶者が他の異性と肉体関係にあることを証明できるもの」が浮気の証拠となります。

しかし、いくら肉体関係にあることを証明できるとはいえ、例えば、二人が行為の最中の写真や動画などが手に入ることはいくつもの偶然に頼らなければなりませんし、自ら行為の最中に乗り込んで写真や動画撮影を行うということも現実的ではありません。

それならどうすればよいのか。

裁判基準の浮気の証拠は、行為の最中のような直接的な物である必要はありません。

肉体関係にあると推定して認められるものであれば十分なのです。

浮気の証拠として最も使用される具体的な例があります。

それは不倫カップルが「ラブホテルを利用して出入りする現場」の写真や動画です。

なぜこれが証拠となるのか?ラブホテルは男女が性行為をするための場所であり、そこに出入りしたという事実が肉体関係を認めさせるからです。

他では旅館やホテルに宿泊した、マンションやアパートに連泊している、一緒に住んでいる等の事実も、男女のカップルがともに夜を過ごしていれば通常は性行為を行うだろうという推定が行われます。

これらが探偵の浮気調査によって収集される浮気の証拠であり、現実的な浮気の証拠とは一般に想定されるよりも間接的なもので成り立つのです。