夫の家出は浮気の疑い

「家出と聞くと、子供や少年少女の家出を想像してしまいますが、大人でも家出をすることはあります。
大人の場合は「失踪」あるいは「行方不明」などと少し違う言葉で表現されることが多いかもしれません。

ところで、ある日突然、夫が家出をしてしまったら、あなたはどのように考えますか?
家出には必ずそうする強い理由があります。大人が毎日住める場所を自ら放棄するのはよほどの理由があるはずなのです。

ただし、家を出て行ったにも関わらず、普段から連絡は取れたり、今まで通り勤務先で働いているとなると、 その家出の理由はよからぬものであると考えてもよろしいのではないでしょうか。

連絡も取れず、勤務先にも通勤していないとなると、失踪などの大事の可能性も考えられなくはありませんが、 元気に今まで通り生活できているのに家を出なければならない理由とは、普通に考えて一体どこにあるのでしょう。

一つは夫婦の上仲から、一緒に暮らしているのが嫌になった、苦痛だ、などの末に別居を選ぶことですが、 もうひとつの理由でよくあるケースとは、他の女性と暮らすため、つまり「浮気を理由に家を出ていくことなのです。

いずれにしろ、夫を調べてみればどちらなのかはわかるはずです。
ただし、残念なことに後者であることのほうが多いでしょう。

このようなケースで理由を判明させる有効な方法は夫が勤務先から帰るところを尾行することです。
勤務先から帰るときに誰と会うのか、どこに帰るのかを突き止めることができれば、 家を出て行った理由はほぼ判明するでしょう。

ちなみに、こういったケースで家を出てからずっとホテルや宿住まいをしているケースなどは基本的にありません。
相手の女性の住居に転がり込んでいるか、新しく住む場所を借りているケースがほとんどです。

夫の家出から浮気の証拠集めへ

夫が家を出て行った理由が、浮気相手との生活のためだとわかったら、あなたはどうしますか?
多くの方が夫に三行半をつきつけて離婚、浮気相手にも慰謝料を請求したいと考えるのではないでしょうか。

家出した後、浮気相手と同棲しているようなケースは、
「家出により夫婦の関係は破綻している。だから浮気しても不貞行為にはならないなどと考えてしまう方もいらっしゃいますが、 そのような考え方に明確な法的根拠はなく、原則として不貞行為でありむしろ証拠収集もしやすい状況であると考えられます。

一日の証拠ではラブホテルへの出入りのように強力な証拠とはなりにくいですが、 毎日会って一緒に暮らしているわけですから、調査を行えばほぼ毎回、証拠の積み重ねが可能だからです。