別居すれば浮気しても大丈夫?

「夫婦が別居してしまうと浮気しても大丈夫」という話を聞くことがあります。

結婚して配偶者がいるのに、他の異性と肉体関係を持つことは言うまでもなく浮気・不倫であり、離婚や慰謝料請求の対象になります。

結婚生活が上手く行かなくなった、配偶者が気に入らなくなった、他に好きな人ができた等の理由があったとしても、 離婚をしないまま他の異性と関係を持ってしまえば、それ相応の責任を取らなければなりません。

それが「別居」した途端、浮気にはならず何の責任を取らないで済むなんて虫の良すぎる話だと思いませんか?

客観的なものの見方をすればそのように考えるはずだと思うのですが・・・。

もしかしたらいったん自分が浮気をしてしまうと考え方も客観的ではなくなるのかもしれません。

別居すれば浮気しても大丈夫と聞けば、実際に別居に踏み切る人がいます。

おそらく、このように考えてしまう人は、別居がいわゆる「婚姻関係の破綻」と同義であると思いこんでいるのではないでしょうか。

確かに、婚姻関係が破綻していると認められた場合は、破綻後の浮気は不貞行為とはなりません。

しかし、別居自体が婚姻関係の破綻にあたるというわけではないのです。 夫婦関係が法的に破綻していると見なされない限り、別居していようが浮気は不貞行為になるという事です。

この点をはき違えている人もいるようですがちょっと考えてみれば誰でもわかる事ですよね。 ただし破綻したと法的に認知させるには相当の証拠や状況が揃わないと無理のようです。 判例では数年数十年の別居状態に及んでようやく、というものもあります。

「婚姻関係の破綻」という極めて専門的な状況を、素人の自分の物差しで考えるのは大きな間違いです。

別居という言葉のイメージ

おそらく別居という言葉の一般的なイメージが勘違いを生むのでしょう。

別居という言葉は別れて住んでいるという意味であり、別居は単に別居なのです。

夫婦の関係が壊れているなどの意味は付随していません。

本意ではありませんが、仕事のために単身赴任の生活を送っている夫がいるとします。

妻と子供とは別居をしている状態ですが、夫婦でお互いとても愛し合っています。

この単身赴任の夫と妻の夫婦関係は壊れているのでしょうか?そうじゃないはずです。

そもそも婚姻関係が破綻しているかどうかは、探偵の調査などで裁判所が複数の要素から判断することであり、別居しているかどうかだけが判断基準ではないのです。

浮気していて夫婦が別居状態というのはけっこう多いと思います。

「別居すれば浮気しても大丈夫」なんだと都合良く考えて、のうのうと浮気相手と同棲生活を送っている人もいるでしょう。

中には人から「別居すれば浮気しても大丈夫」と聞いて、水を得た魚のように直ちに別居を実行してしまった人たちもいました。

結婚までしたパートナーに対する罪の意識は一切感じられない考え方と行動です。

浮気している人は、基本的に自己中心的な思考回路を持っているというのは私の思いこみでしょうか。 パートナーとの生活が終焉したことと各種義務や責任が無くなったこととは別問題と思えるのですが・・・

もしくは浮気の自覚があるため、都合よく物事が進むと思い込みたいのかもしれません。 仮に婚姻関係が破綻に近い状況であっても婚姻事実があれば浮気は不貞行為となりますので注意が必要です。

単なる別居イコール夫婦関係の破綻とは判断されないと再認識する必要性があるのです。 時には逆の立場で物事を考えてみると理解しやすいかもしれません。

浮気をして別居中の方には是非、逆の立場で物事を考えることをお勧めしたい気分です。 自分が同じことを相手にされたらどうなのか?ということを、是非落ち着いて考えてみてもらいたいものですね。